2004年11月28日

ドラクエ8が我が家にやってきた

日付的には昨日になりますが、ドラゴンクエストの最新作DQ8が発売されました。
ドラクエファンの夫は予約した店に朝から行っておりました。
私はFF派ですが、今回のは面白そうなので楽しみにしてました。
旦那がやっているのを横で見る私
酔いました・・・
ドラクエとは思えない画面の動き
7でみなを失望させたあの旧式グラフィックとは違い、迫力ある画面になっておりました。
私もやりたいので、途中で見るのをやめて買ってきた漫画を読むことに

1冊目は「働きマン」1巻
ハッピーマニアなどで有名な安野モヨコさんの最新作です。
安野信者の私
この人の本はどんな作品でも面白く感じてしまいます。
今回のは仕事に人生をかける(?)編集者の話
掲載誌はモーニングのようですが、男性にこの人の感性はあうのだろうか?
けっこう疑問です。
花とみつばちみたいに後半だらけないといいなぁ・・

2冊目は「よつばと」3巻
この漫画読んでると悲しくもないのに涙が流れそうになる。
よつばちゃんが純粋で愛くるしい。
笑えるし、癒されるし素敵ですね〜

そのあとげんしけんを1巻から読み直し
今月のアフタヌーンの話で斑目が、かなりいい味だしてたので
いつもは咲中心に見ていたのを斑目中心に見てみた。
なんか典型的なオタクなのに、逆にかっこいいな〜この人
でもなんか最終回が近い気がしてならないです。
展開が5年生っぽくなってきたし、泥沼展開だけは避けてほしいですね。
posted by 蘭 at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。