2005年03月10日

忘れ物

今日、本屋で2冊マンガ購入
1冊は鋼の錬金術師10巻
もう1冊が彼氏彼女の事情20巻
でも、本のあらすじや感想が書けません。
なぜかというと

本屋に本忘れてきました

   ./\        ./\
   |\/\    /\./\
   \|\/\./\./|\/\
      .\|\/\./|/\|\/\
      .\|\/|/    /\/|
         \|/    /\/|/ /\./\
             /\/|/ /\./\./\
             |\/|/   |\/\/\./|
                \|/      /\/\./\
                     |\/\./\./|
                    \|\/|\/|/
                          \|/\|/

お金は払ったんです。
でも商品受け取らずに出てしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。
ときどきあるんですよね
楽しみにしてたのに
電話したら、向こうも分かってたようなので
明日昼休みにでも取りに行きます。
買ったのに読めないってつらい・・・
posted by 蘭 at 23:08 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ このエントリーを含むはてなブックマーク

義経

日本の歴史上、最も人気がある人物とは誰だろう?
日本武尊、聖徳太子、天智天皇、織田信長、豊臣秀吉、坂本竜馬、土方歳三etc・・・
思い浮かぶ英雄の中でもやはり、私はこの人じゃないかなって思う。
牛若丸、遮那王こと「源九朗義経」

この人ほど、日本人誰からも愛される英雄はいないのではないでしょうか?
近年の幕末ブームで、少し人気に陰りが見えますが、
いまの大河で、また人気上昇のようです。(私は見てませんが)
母が平清盛に奪われ、武蔵坊弁慶や伊勢三郎義盛との出会い、静御前との愛などドラマチックな逸話が多く、
実質平家に打ち勝ち勝利を収めたのもこの人でしょう
実兄の頼朝から討伐命令をだされ、最後自害で幕を閉じる
そんな悲劇の主人公

平安時代末期、鎌倉時代の人物で、史実はどうであれ
架空の話が加わり、超越した存在に扱われるのも人気のひとつでしょう
不死となり、アイヌの王となった伝説、
大陸に渡ってチンギスハンになるなんて話もありますが、
あれはモンゴル人にとって大変に失礼な話であるし信じていないですが
人望も厚く、崖を馬で駆け下り敵陣に攻め入るという
誰も思いつきもせず、思いついても実行できないような戦法を実行する天才
判官贔屓という言葉もあるように、
日本の美を象徴するような存在
ますらお、もののふという言葉が日本史一、似合うような気がします

この人のこと書いてると、いつの間にか何日も経ってそうです。

大河ドラマは前回もそうでしたが、
好きな人物だからこそ、あの配役では見たくないというのがあります。
NHKも若者の視聴率狙うのもいいけど、
もうちょっと考えてほしいなぁ
posted by 蘭 at 22:29 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。