2006年02月21日

病院の怪人

なんだか不思議な夢を見ました。


大学病院でなぜか自分が働いていて、
その日残業の為、仕事場に夜遅くまで残ることに。
そろそろ帰ろうかと時計をみると、ちょうど午前0時に
すると、どこからともなく奇妙なオルゴールの音色が病院内に流れ出し、
それと共に、ピエロの格好をした不審者が、
病院内にいる人をバタバタと切り殺していきました。
私は必死で病院から抜け出し、命からがら助かりました。
次の日出勤すると何事もなかったように、普通の日常。
あんなことがあったのに・・・と不思議がりながらも自分の席につきました。
すると同僚から私の元に荷物が届けられていると言われたのですが、
忙しいので後回し。
いつの間にか夜になっていて、仕事も終わり帰ろうと思うと
荷物のことを思い出し、その箱の元へ行き
中身が気になり開けてみると、中にはオルゴールが
それと同時にオルゴールがあのメロディを奏でだし、
腕時計を見ると12時
はりさけそうになる心臓を落ち着かせようと振り向いたところ、
ピエロの殺人鬼が、目の前でなにかを振り下ろしたところで
目が覚めました。


・・・・
完璧な悪夢です。
ここまで夢のことはっきり覚えているのは初めてかも
祐くんのが珍しく先に起きていて、
「うなされてたぞ」なんて言ってました。
なら起こしてほしかったです。

とりあえず
フロイトさん、私は大丈夫でしょうか?
posted by 蘭 at 17:28 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。