2004年12月23日

死のはなし

最近、死について考えてしまう
自分がどのように死ぬのか不安でしょうがない
もしかしたら自分は癌なのではとか、
ときどき考えてしまいます。
今日、外薗昌也「エマージング」っていうマンガを買いました。
この作者のマンガ読むのは「犬神」以来です。
東京をエボラのような出血熱が襲うという話
昔話題になった映画「アウトブレイク」のようなサイエンスホラーでした。
ウィルスという目に見えない物がおそってくる恐怖
現実にHIVやSARS、O-157、インフルエンザなどが身近にある現代
こういう話が現実に起こってもおかしくないって思います。
このマンガ自体は打ち切りらしく、ラストはなんだそりゃってなっていますが、
とても怖い話だとおもいました。

突然私が死んでも世界にはなんの影響もない
母になる不安からでしょうか
そんなことばっか考えてしまいます。
posted by 蘭 at 00:55 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。