2005年01月29日

キューピー

マンガ部屋と友達から呼ばれている部屋があります。
1LDKの部屋に住んでいるのですがそのうち1部屋が
書斎という名の、ほぼマンガばっかの部屋があります。
旦那と私の愛の結晶とでもいいますか、けっこうな数で
どんな本があるか(祐くんのもあるので)把握しきれてません。
ふたりともリビングで寝ているので、
もう一部屋がその書斎というわけです。

仕事から帰ってきてゲームという気分でもなかったので、
本棚を見てみる。
祐くんのマンガは基本的にアウトロー系か格闘系
とりあえずグラップラー刃牙の続きと軍鶏の続きを読みました。

グラップラー刃牙は中学生編が終わり、新たなトーナメント開始
母の愛に思わず泣いてしまいそうに。・゚・(ノД`)・゚・。
なんか噛ませ犬キャラが多すぎて、どの人が強いのかよく分からない状態に
特攻隊長が強くて漢だった。
軍鶏は、バレエの人に主人公がバトンタッチ(?)
なんだかよく分からない展開に
亮がどうなったのか気になる

刃牙の続きは明日に取っとくとして、偶然目に入ったQPというマンガを読みました。
これがモロにツボに嵌ってしまいました。
内容はキューピーと呼ばれ恐れられていたヤンキー小鳥が、
人間として成長していく話なのですが、
これがかなり泣けます。
台詞がいちいちカッコいい
小鳥の笑顔がやけに泣けてくるんです。
同作者のクローズは私的にはイマイチだったのですが、もう一度読み直してみるかなぁ

遊びにきてた弟は、死刑囚042を読みながら涙ぐんでました。
生意気だけど、かわいいとこがあるようです。
posted by 蘭 at 19:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1757881
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。