2005年02月20日

SLAMDUNKの続き

cover_l.jpg
雑誌SWITCH2月号に、井上雄彦氏によるSLAMDUNK最終回から10日後の話が描かれていました。
SLAMDUNKが1億冊を突破したことを記念に開かれたSLAMDUNK FINAL
廃校となった校舎の黒板に、井上氏が描きあげたみなが待ち焦がれた作品
すべて黒板にかかれた『コマ』たちに、正直鳥肌がたちました。

黒板には、10年前と変わらない花道たちがいました。
ゴリが受験勉強中にバスケをしたがるシーン。
作中ではホンの少しの時間となってますが、実際はもっともっと長い時間していないわけで、
すごい笑えるコマのはずなのに、泣けてきました。
私が小学生のころにはじまったスラムダンク。
この漫画を通して皆バスケに夢中になり、NBAを見るようになった人が多いと思います。
あれから10日後の話なのに、日本人バスケプレイヤーがNBAに入ったことが描かれていました。
田臥選手のことでしょう。
作者は本当に嬉しかったのでしょう。

インタビュー中に井上氏が、復活を望むファンが多いが、もうこの話は終わっているといっていました。
そりゃ第一部完と終わり、いまだにジャンプコミックスで全31巻ではなく、1〜31巻と書かれており、
期待しない人のが少ないと思います。
私だってそのうちの一人です。
最高に盛り上がり、最高潮に気分が高まっている所での終了。
続きを期待せずにはいれません。
編集部をきっと続編を描いてほしいことから、1〜31巻としているのでしょう。

ジャンプは無理やり長引かせて、グダグダになって終わる漫画か、
打ち切られ中途半端に終わるマンガの2択と言われる中
人気絶頂で消えていったSLAMDUNK

バガボンドも春から再開するそうです。
リアルも、すごい売れ行きです。
でもすべての話が終わったとき、
またもう一度、と思うのは罪なことなのでしょうか?
posted by 蘭 at 17:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | マンガ・アニメ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2043539

スラムダンク
Excerpt: Switch Vol.23No.2にスラムダンクのその後について詳しくかかれた記...
Weblog: ゲーム・DVD・マンガ 本舗
Tracked: 2005-02-25 17:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。