2005年09月02日

自分がもうダメだと思った日

代官山で倒れました。

友達と買い物にいってたんですが、
暑いので、クーラーのガンガンに聞いた所で涼んでいたら、
急に手足が痺れだし、左目と鼻の骨が圧迫されるような激痛を感じ
吐き気と頭痛、寒気に襲われ、自分の足で歩けなくなりました。
炎天下とも言える外でも寒くて凍えそうに
自分はもう死ぬのかな
なんて諦めを感じつつ、友達にタクシーを拾ってもらって帰宅

家について、水を飲んだらなんか直りました(-_-;)
いったい何だったんだろう
嘘のように痛みが引き、いっきに汗が出てきて
体が急に軽くなりました。

これが噂に聞くクーラー病というやつでしょうか
私は元々、あまり汗をかけない体質のため
それによる熱中症と急に体が冷えたためによるクーラー病が
同時にきたのかもしれません(推測

とりあえず、今はちょっと体がダルいだけで
もう大丈夫っぽいです。
病院いったほうがいいのかなぁ?
あまり病院は好きじゃありません
posted by 蘭 at 18:49 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6490374
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。